toggle
山口県周南市の司法書士・土地家屋調査士・行政書士
2017-05-10

遺言書は公正証書遺言と自筆証書遺言とがあるようですが、どちらにした方がよいでしょうか。

公正証書遺言は、遺言内容を公証人、証人2人の面前で話していただき、
公証人が作成します。
法的に有効な遺言書が作成されますので安心です。
又、公正証書遺言の原本が公証役場に保管されますので紛失や偽造の心配
もありません。
遺言者が死亡した場合には、公正証書遺言により、直ちに遺産の承継手続
をとることができます。

自筆証書遺言は、誰にも知られずに作成することができます。
自分で遺言内容、作成年月日、名前を書き、印を押せばよいので簡 単に
作ることができますが、記載内容に不備がある場合には折角作成した
遺言書が役に立たなくなります。
又、自筆証書遺言は、遺言者が死亡後に家庭裁判所で検認手続(法定相続人
全員を呼び出します。)をとる必要があります。

公正証書遺言を作成されることをお勧めいたします。