toggle
山口県周南市の司法書士・土地家屋調査士・行政書士
2017-08-25

祖父は認知症が進行し、孫である私が会いに行っても、誰か分からないようです。祖父名義の自宅を売却して、施設入所費用に充てたいと考えています。不動産仲介会社に売却の相談をしたところ、成年後見制度を利用する必要があると言われました。どのような手続きが必要ですか?

お祖父さんは、すでに認知症が進行しているとのことなので、「法定後見」制度を
利用していただくことになります。
お祖父さんの住所地の家庭裁判所へ必要書類を揃えて、後見開始の審判の申立て
(お祖父さんの後見人を選任してくださいという手続き)をしていただきます。
家庭裁判所がお祖父さんの後見人を選任しますと、後見人は、日常生活に関する
行為を除くすべての法律行為をお祖父さんに代わって行います。
また必要に応じて、法律行為を取り消すこともあります。
但し、お祖父さんの自宅を売却する行為については、後見人が家庭裁判所の許可
を得て行う必要があります。