toggle
山口県周南市の司法書士・土地家屋調査士・行政書士

土地家屋調査士業務

土地・建物の表題に関する登記について必要な調査及び測量をすること、土地・建物の表示に関する登記の申請手続について代理することが土地家屋調査士の主な業務です。

土地や建物の物理的な状況、即ち所在地、地目、種類、面積等を登記簿に記録 する為の業務(表題に関する登記)を行っております。

土地の表題に関する登記

1 筆の土地を 2 筆に分割したい場合は、法務局(登記所)で登記簿、地図や地積測量図等を調査し、現地を測量し、隣接者と境界立会を行い、境界を確認し、必要な書類をそろえて土地分筆登記申請を行います。

逆に、数筆の土地を 1 筆にしたい場合は、土地合筆登記申請を行います。

これらの他に、土地地目変更登記や地積更正登記等の申請手続があります。

境界確定

お隣との境界をはっきりさせたいときは、法務局(登記所)で登記簿、公図、地積測量図を調査し、現地を測量をし、過去の測量資料等を 参考に隣接者と境界立会を行い、境界を確認し、境界標を設 置します。
しかし、隣接者が合意しない場合は、境界が定まりません。 このように隣接者が思うように応じてくれない場合は、法務局に対して、「筆界 特定」の申請をすることができます。 筆界特定制度は、法務局が測量をし、双方の意見を聞き、筆界(登記法上の筆 界をいい現実の境界とは異なる場合があります。)を決定するものです。

建物の表題に関する登記

建物を新築した場合は、現地調査をし、必要な書類をそろえて建物表題登記申請を行います。 これによって、初めて建物の登記簿(表題部)ができま す。 建物を取り壊した場合は、その登記簿を閉鎖するための建物滅失登記の申請を 行います。 この他に、建物を増築した場合の建物表題変更登記や、従前から未登記であった建物を 登記する建物表題登記等があります。